おからだオンライン
カテゴリー

20240510 サカナクション

私が見るテレビはもっぱらNHKです。ほとんど、ドキュメンタリー。おじさんあるあるだと自覚しています。最近見たNHK特集でサカナクションのボーカルのドキュメントを放送していました。私は全然聞いたことが無いバンドなのですが、彼はうつ病を公表していて、その闘病について焦点をあてた番組でした。うつ病を知るためにとてもいい番組だと思いました。私の拙い知識ですが、脳は沢山の沢山の神経のつながりなのだと思います。神経のつながり自体が疲労してしまったり、つながりすぎてしまったりすることがあるのだと思います。そのボーカリストによると、うつ病は誰の心にもあって、それが大きくなると発病するとのこと。当事者の言葉として興味深かったし、誰でもなり得る病気だと改めて思いました。体の病気と違い精神の病気はやっぱりデリケートな話題になると思います。発病の背景にはバンドメンバーの分まで頑張りすぎる性格と関係があるように思いました。病気の改善に仲間の存在が大きいように見えました。うつ病は好きなことから出来なくなるとのこと。好きなことをしないと生きていけないとも言っていました。やりたいことをやりたいようにやった結果、発病してやりたいことが出来なくなったけれど、そこから再生させたのもやりたいことだった。と私は理解しています。(ざっくりな説明になるけれど、バンドのメンバーだったり、お仕事の音楽は発病するキッカケになったし回復のキッカケにもなったみたいです。)考えさせられる内容でした。改めて自分は理解が足りないなと思いました。文献を読み漁るのが悪いことだとは思わないし、人より勉強しているつもりでいるけれど、相手の気持ちを分かってあげようとするのを忘れてはいけないと思いました。自分自身に対峙する様子が素敵でした。

目次