おからだオンライン
カテゴリー

20240614 劇症型溶連菌感染症について

目次

劇症型溶連菌感染症とは何か

劇症型溶連菌感染症は、溶連菌によって引き起こされる非常に重篤な疾患です。通常の溶連菌感染症よりも急速に進行し、放置すると命に関わるリスクが高まります。この病気の一般的な症状には、高熱、喉の強い痛み、嚥下困難、リンパ節の著しい腫れ、全身に広がる発疹が含まれ、特に高熱は数時間以内に40度を超えることもあります。

診断と治療

劇症型溶連菌感染症の診断は血液検査や喉のスワブ検査で行われ、治療には抗生物質が用いられます。症状が重篤な場合は入院治療が必要になることもあります。

予防

手洗いやうがいなどの基本的な衛生管理を徹底し、感染が疑われる場合は早めに医療機関を受診しましょう。

劇症型溶連菌感染症は、知識を持ち、早期に適切な対応をとることが重要です。日々のケアと予防を心がけ、健康な毎日を送りましょう。

自宅でできるケア方法

  • 休息: 症状が初期段階であれば、十分な休息をとることが重要です。1日に7〜9時間の質の高い睡眠を心がけ、必要なら昼寝も取り入れましょう。
  • 水分補給: 喉の痛みや嚥下困難があっても、水分補給は怠らないようにしてください。温かい飲み物や電解質ドリンクがおすすめです。
  • 栄養摂取: 消化に良い食事を心がけ、ビタミンCやプロテインを意識して摂取しましょう。
  • 湿度の管理: 加湿器を使ったり、湿ったタオルを部屋に置くことで、適切な湿度を保ちましょう。
  • 症状のモニタリング: 症状の変化に注意し、悪化するようであれば医療機関を受診してください。

まとめ

妊婦さんや高齢者や持病のある方は要注意だと考えます。急な発熱の時は劇症型溶連菌感染症と場合もあるということと、躊躇なく早めの受診をすること。この二点を頭の片隅に置いておくだけでもだいぶ違うと思います。おからだ治療院では心と身体のバランスを整え、あなたの健康をサポートしますのでお気軽の連絡ください。

目次