おからだオンライン
カテゴリー

20240626 普通って何

今日の道新を見ていて面白い記事がありました。テーマは「普通」。長男が「普通」じゃなくて、それをキッカケに「普通」って一体なんなんだと思うようになって、その結果、「普通」に縛られている自分を知った、そんな内容です。この場合の「普通」とはマジョリティのことだと私は思います。確かに多数派に流れてしまう自分がいます。自己嫌悪になるときは思考回路の背景に普通じゃない自分に対する不安のようなものがあるように思うのです。みんな違ってみんな良いと口では言っているけれど、実際は不安だと思います。
私は常々、患者さんはマイノリティだと考えているので日常的にマイノリティの人を対象に働いています。何十年もそうです。マイノリティを否定することは無いのですが(これは本当だと自己分析してます)そんな私でもマジョリティ願望はあるように思うのです。だから、この文章に共感したのだと思います。マイノリティを肯定しているような、否定とまではいかないけれど肯定しきれていないような自分の思考設定ですが、「普通」でもいいと思えるようになった時がゴールなのかなと感じています。就活では個性が求められると聞きます。学生生活とルールが大きく変わることに戸惑う人もいるそうです。「普通」でも「普通」じゃなくても、どっちでもいい。みなさんはどのように感じますか?

リンク張っとくので良かったらどうぞ

わたしたちは ふつうコンプレック...
わたしたちは ふつうコンプレックス わたしたちは、「ふつうコンプレックス」私たちは、 "普通" でありたいと願い、"フツー" にはなりたくないと思
目次