おからだオンライン
カテゴリー

20240603 振り返る

コロナ禍をそろそろ振り返るべきなのではと思っています。色んな人が色んなことを言っていた数年間だったと思います。間違ったことを言ったこともあっただろし、心無いことを言ったこともあったと思います。自分の人生も大きく影響を受けたと思います。私は、コロナ禍を振り返る際に必要なのは哲学と統計学だと思っています。今、頭に浮かんだのは、「これからの「正義」の話をしよう」に出てくる話です。ブレーキが利かない暴走列車があって、線路の向こうに人がいて、このままだと10人死んでしまう。あなたは線路の分岐点にいて方向を変えることができる。もしも方向を変えたら、その場合死ぬのは1人だけ。分岐点の方向を変えるべきかどうか?もしも変えたら死なないですむ人が1人死んでしまう。そのままだと10人死ぬ。「10人の内の誰か1人が死ぬ」だったら判断は困らないけれど、そうじゃない(無関係は人が死んでしまう)のがこの問題のポイントだと思います。今、天秤は10人と1人だけれど、もしも、100人と1人だったら、100人と1人だったら、10億人と9億人だったら。答えが違うのか同じなのか。これらを解決するのには統計学と哲学の両方の知識が必要だと思います。結論から言って答えが出ることはないと思います。もしかしたら答えを出すこと自体がダメなのかも知れない。ただ、自分たちは考え続けないといけない。そうじゃないと死んでいった人たちが浮かばれない

目次